ガムテープの脱毛はよくない

ガムテープの方法はよくない
ガムテープで脱毛すると皮膚の中にムダ毛が埋まる現象が起きることがあり、強力に皮膚角質をはがすことで毛穴からの出血や皮膚のただれなど、いろいろ皮膚トラブルのもとになることが多いです。
この脱毛を続ければどんどん毛穴にダメージがたまって、色素沈着して肌の黒ずみにつながります。
元々脱毛効果、肌への負担が計算されている脱毛テープと違い、ガムテープでの脱毛は美肌効果がなく、肌に大きなダメージを残す間違った方法なのです。
暑い時期肌の露出が多くなりますが、肌に脱毛スポンジ、脱毛タオルでこすりつけることで脱毛する方法もあり、摩擦で脱毛しますから、こすり過ぎれば肌を傷めます。
脱毛スポンジは肌をこすりあかすりみたいな感じで脱毛しますが、これによって肌ダメージを受けた人が続出したのも記憶に新しいです。
脱毛スポンジで処理するのは、こすることによりムダ毛を絡めて脱毛することに成りますが、このとき自分の皮膚に負担がかかって、摩擦でムダ毛を無理に切っているような気になります。
ビーチに行く予定、プール前のムダ毛処理はこうした肌に負担がかかる方法は危険で、肌が炎症を起こしてヒリヒリした状態になって、さらにその状態で炎天下塩素がたくさん入ったプールに入ることを想像すれば肌へのダメージは計り知れないです。
最近個脱毛スポンジなどの商品はあまり見なくなりましたが、肌に負担がかかるので、自分に合ったムダ毛処理をしましょう。
いずれにしてもやはり、ムダ毛処理はセルフではなく脱毛サロンで行うのがオススメと言えます。
もし、天王寺周辺で脱毛しようとお考えの方は、下記ランキングサイトが情報豊富で比較しやすくて役立ちますよ♪

天王寺脱毛ならここがオススメ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です